×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2011年10月23日 泉大津市池浦町 工務店搬入

上松町が井上工務店へ搬出されるのを見た後、植山工務店へ。偶然にも池浦の地車に出会えました。

  

抜魂式は現地で見れなかったのでここで見れて良かったです。

  

平成9年(1997)新調-10年完成。

  

10時50分、地車が降りました。

  

  

近年の抜魂式では稀にみる豪快さだった様です。アルザ通りの本部前まで地車を移動、そこで抜魂式を行なった。
正装、化粧、鳴物、纏ありで地車庫から本部前迄の移動曳行は祭礼さながらの曳行風景だったことでしょう。

  

  

良雄さんの地車で始めて大連子風の見送り連子を取り入れたのが摩湯町(H4)、そして旧市南町(H7)、北王子(H9)と続きます。
同工務店の腰組みの地車としては池浦町(H9)が腰組みを採用して、翌年に同じく腰組みの五軒屋町が完成しています。

以後は、大連子風の新調地車が定着しつつあります。

  

  

  

  

作業場まであともう少し。

  

  

  

  

  

ここまで見て大北町の式典会場へ。